SEO デジタルマーケティング

SEO対策はじめの一歩!キーワードの検索数を簡単に調べる方法

更新日:

SEOという言葉をあなたはご存知でしょうか?

もしかしたら言葉だけはよく聞いたことがあるかもしれませんね。

SEOとは簡単に言ってしまえば検索エンジンの検索結果に表示してもらうための方法です。

実は僕のもとにやってくる質問もSEOに関する質問が非常に多いです。

店舗経営している方や会社のホームページなどお持ちの方はSEOについての営業電話がよくかかってくることも多いかと思います。

今回はSEO対策はじめの一歩ということで、SEO対策を知らない人向けに簡単に説明しておきますが、例えば名古屋で美容院を経営してる方でしたら『名古屋 美容院』と検索したときに検索結果に表示されたいですよね?

検索結果は上から下に順番に並んでるのでどうしても順位が発生します、そして当たり前ですが検索結果の上から順番に読まれます。

2014年の検索順位別クリック率
英NetBoosterが公開した2014年の検索順位別クリック率データは以下です。

1位 19.35%
2位 15.09%
3位 11.45%
4位  8.86%
5位  7.21%
6位  5.85%
7位  4.63%
8位  3.93%
8位  3.35%
10位 2.82%

●調査概要
・Googleウェブマスターツールの検索クエリのデータ参考
・対象キーワード数: 120万、クリック数: 650万、表示回数: 311万、ブランド数: 54 ※おそらくサイト数
・ブランド検索を除いた一般的なキーワードだけが対象

引用:検索順位別クリック率と年代別推移まとめ

このように検索結果の上位表示は非常にクリックされやすく簡単に言えば検索結果の1ページ目に存在しないとなかなかグーグルやヤフーなどの検索サイトからのアクセスは伸びないわけです。

だからホームページやブログなんかでインターネット集客を意識している人は基本的に避けて通れない方法がSEO対策と呼ばれています。

実際のところSEO対策は非常に奥が深く難しい技術です。僕も過去4年間、試行錯誤を繰り返しながら研究してきました。

そして今ではコツをつかみ、ある程度は自分なりの勝ちパターンを持っています。

で、そんな状況もあり自社でもそのスキルを活用したり、人から紹介されてSEOに関する様々な相談をされます。

 

『〇〇のキーワードで検索結果の上位に表示させたい!』

 

そういった相談の時に僕は最初にする質問があります。

検索キーワードの検索数を調べたことありますか?

このように特定のキーワードで聞かれるんですが、そもそも自分が狙ってるキーワードが月間でどれぐらい検索されてるかを調べたことがありますか?

これを最初にいつも聞きます。

で、聞くとかなりの高確率で『検索キーワードって検索数って調べられるの!?』と驚かれたりします。

相談した人が上げたいキーワードを調べてみた結果、ぜんぜん検索されていなかったりするケースもしばしばあります。(自分が思ってたキーワードとお客さんが調べてそうなキーワードが違ったりというのはよくある話)

頑張ってブログを更新していたり、ホームページの中身を作ってたりしていても、そもそも検索されていないキーワードを狙っていたりして残念なケースになっていることも結構多いんですね。

なのでグーグルとかヤフーから自分のホームページを探してもらいたい場合は検索エンジンで実際に検索されているキーワードをリサーチすることがかなり重要になります。

ここがSEO対策を考えるはじめの一歩になるわけです。

ということで実際に検索エンジンで検索されているキーワードの数を調べていましょう。

グーグルの検索数はキーワードプランナーで簡単に調べられるしライバルの強さもだいたい分かる

キーワードを調べられるようになると集客や売り上げアップに繋がるヒントが沢山見つけられるようになるのでこれを機会に是非やり方覚えちゃいましょう。

↑今回の方法を知るとこんな感じで検索数が把握できちゃいます。

まずこの機能を使うにはgmailのアカウントが必要になるのでもし持ってなかったら用意しましょう。

簡単に無料で作れますし、gmailアカウントはグーグルのサービスを利用するのに必要になるので。

で、すでにgmailアカウントがある方はこちらのURLへ↓

https://www.google.co.jp/adwords/

上のURLは【グーグルアドワーズ】というグーグルに広告を出すサービスのリンクでその飛び先の画面なんですが、初めて使う場合は『今すぐ開始』を押してください。

ちなみに広告を出さなくても使えるので無料でキーワードは見れるので安心してくださいね。

で、青文字の『設定ガイドをスキップ』を押します。

そうするとあなたのgmailのアドレスを求められるので入力して『保存して次へ』を押します。

そしてこの画面がでて、説明やら規約などが載っていますが画面下までスクロールすると『同意します』ボタンがあるので押します。

これでグーグルアドワーズが利用できるようになり準備完了です。

そして画面が切り替わるとアドワーズへようこその画面になりますので上の運用ツールにマウスを合わせてキーワードプランナーをクリックしてください。

そして一番上のタブ【フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用】の部分をクリックするとこのように出るので【宣伝する商品やサービス】の部分に調べたいキーワードを入れます。

複数ある場合は改行して入れれば同時に調べれます。

ちなみにキーワードが英単語が混じる場合はターゲットを日本にしましょう。

そして実際に出たのがこれです。

ちなみに下の方にスクロールすると関連度が高いキーワードが見れたりもするので参考になる場合もあるのでチェックしておきましょう。

今回は無料で見る方法なので検索ボリュームがザックリした表記ですがグーグルアドワーズで広告を有料でだしているともっと詳細な数字で出ます。

ですが、無料も有料もどちらにせよあくまで月間の平均なのでこれくらい分かれば十分参考にできます。

【月間平均検索ボリューム】はキーワードの検索数っていうのは見てもらえれば分かると思いますが、【競合性】と【推奨入札単価】は説明がいると思いますので補足しますね。

キーワードプランナーの競合性と推奨入札単価から分かることは?

まず【競合性】から説明すると、低、中、高の3段階なんですがこれはそのままライバルが弱いとは限りません。

これはグーグルの有料広告の競合性を指していますので、単純に広告を出してるライバルが多いか少ないか分かる目安です。

次に【推奨入札単価】ですがこれは広告費の目安です。

検索結果の上の枠に【広告】って書いてあるのを見かけますよね?

これの1クリックの目安が【推奨入札単価】となります。

つまり、キーワード広告をつかって【美容院】で検索結果の一番上をキープしようとした場合、仮に10万回検索されてるとしたら680万円ほど費用が掛かる可能性があります。

まぁ実際は広告枠に表示されているからといって確実にクリックされるわけではないので、この単純計算は成り立ちませんが半額(340万)ほど見ておく必要があります。

このようなキーワードですと地域性がないので実際は地域を絞ったりしますが、それでも月間の検索ボリュームが多いキーワードである場合、単純にキーワード広告で上位表示を狙うと数百万のコストがかかる可能性が出てきます。

なので検索広告に頼らず、広告枠ではない自然な上位表示ができると非常に価値が高いとも言えます。

ですが当然、このように競合性が高いキーワードではライバルも多く発生しているのでかなり戦略的に戦っていく必要性があります。

このようにキーワードによっては広告単価が非常に高かったりします。

そのひとつが『浮気調査』なんですがこれなんかは1クリックあたり2718円というクレイジーな状態になっています。

これぐらいまで広告費が過熱しているような市場だとキーワード広告だけの集客だと非常に苦しい戦いになるので様々な工夫をしないとネットから集客するのは難しいといえるでしょう。

検索キーワードは奥が深い

キーワードプランナを使うとそのキーワードと関係性のあるキーワードも同時に調べられます。

具体的に言えば検索ワードで見てる人の属性や特徴が想像できます。

 

例えば『ダイエット 種類』と検索してる人なら痩せたい欲求があり、色んな方法を知りたがっています。

『腹筋 くびれ』とかでしたら主に男性ではなく女性の方が検索しているでしょう。

このように検索してる人がどんな人なのかもキーワードから推測することが可能です。

そしてその検索結果として調べている人のニーズが満たされそうであれば、検索結果にも表示されますし、上位に表示されることもあります。

 

また、キーワードプランナーをつかうことによって関連キーワードや自分が思っていたキーワード以外の情報もわかりますし、それによって自分が情報をとどけたいお客さんに届けるべき内容も推測することが可能です。

SEO対策をする上ではキーワードを探し、推測する作業が必要不可欠になるので、もし、あなたがまだキーワードに対して考えたことがなければこれを機会に考えてみてはいかがでしょうか?

あなたが情報を届けたい相手が使っていそうな検索ワードを選びましょう

そして検索結果に表示されるためには検索結果にふさわしい内容を目指してホームページやブログの中身を作っていきましょう。

SEOは細かいテクニックもたくさんありますが大前提として検索している人の疑問や悩みなどを解消するコンテンツが検査結果の上位にやってきます。

検索結果を意識して見てみると上位のページはキーワードも内容に関連性が非常に強かったりその答えに近い内容のものが表示されているケースがほとんどです。

グーグルの検索エンジンはグーグルの人工知能がインターネット上のいろんなページを分析して、検索結果として正しそうな内容を表示しています。(常に進化していて、どんどん人間の判断基準に迫ってきてます。)

あなたが情報を届けたい相手、つまり見てほしい人が探しているワードを見つけ出し、その回答としてふさわしい内容を載せれば結果として検索結果として表示されることにつながります。

だからまず、SEO対策のはじめの一歩は実際に検索されているキーワードを調べ、そのキーワードを分析してそのキーワードを検索している人がどんな情報を探しているか推測してホームページやブログの中身を充実させていくことが大事になります。

SEOの最初の一歩まとめ

意外と自分が思ってたワードが使われてなかったりするケースが多いですいし、検索ワードを意識することはお客さんを意識することに繋がるので経営者の人も積極的に意識しましょう。

業者に任せっきりではもったいないです。

業者によっては上位表示が狙いやすいという理由で全然検索させていないキーワードを選んで高額な請求をしてきたり、実際は問い合わせに繋がらなさそうなズレた提案をしてくるケースもよくあります。

特にSEO関係は営業電話が非常に多く、料金も効果があろうがなかろうが高額であったり、中には詐欺的な業者も多く存在します。

僕の元に来る相談も、過去にそういった業者に騙されていたケースが多々あります。

そういった状況を回避するためにはある程度の知識と理解が必要になるので、まずは自分のページを見てもらいたい人がどういうキーワードで調べているかじっくり考えましょう。

そしてどれぐらい検索されてるかリサーチして関係しているキーワードや検索してる人が知りたがっていることを把握しましょう。

これがSEO対策のはじめの一歩です。

検索キーワードは商売をやる上でも非常に大きなヒントがたくさん眠っています。

ホームページやブログを運営しているなら、是非キーワードプランナーを活用してみてくださいね。

ps.

今回の記事を読んで、ご質問やご相談などございましたら、LINEかお問い合わせフォームからメッセージお待ちしております。

また、より深くSEOについて知りたい方はコンテンツSEO分析を魔法並みに簡単にするツールPascal(パスカル)の感想レビューの記事も合わせて読むと理解が深まると思います。

 

元々はシルバーアクセサリーのデザイナーをやっていたが現在はインターネットを商売に活用する方法を考えるのが好きになった変わり者。

プロフィール詳細

更新情報やご相談などはLINEで

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

@gmc01

ボタンで追加できない場合はID検索を行ってください。

-SEO, デジタルマーケティング
-, ,

Copyright© 毎日がクリエイティブ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.