デジタルマーケティング 毎日がクリエイティブ

LINE@がついに個人開放!使い方と魅力を丁寧にまとめてみました

更新日:

皆さん、LINEを使ってますか?

この問いに対する答えは今この記事を見ている方でしたらほぼ100%だと思います。

コミニュケーションのインフラとしてほとんど不動の地位を築いてきたLINE。

日常的なやりとりから仕事の連絡、本当に普及していますね。

僕も仕事で多様していますし、プライベートなやりとりもほぼLINEです。

LINEには便利な機能がたくさん

LINEの特徴として1対1のチャット形式、グループチャットなどがありますがこれらの機能、非常に便利ですよね。

ほかにも便利な機能がたくさんあるが、、、

しかし、LINEでは一斉送信ができなかった!

これがですね、非常に今まで悩ましかったわけです。

1対多をカバーするのにグループチャットという選択肢を選択する場合が多かったわけですが、なかなかグループチャットでは全員が書き込めるため流れが速くなってみずらかったり、最悪荒れたりするケースもしばしば。

ですが、今回のLINE@一般開放でついにその問題も解決に向かうでしょう。

LINE@の登場で変わるのは?

画像引用:http://livedoor.blogimg.jp/lineat/imgs/2/b/2b80f5b7.jpg

メルマガ死亡のおしらせですね。

僕がWEBマーケティングを始めた頃、メルマガによるマーケティングはほぼ最強の手段でした。

ですが、その強力すぎる効果に悪質なスパムを行う人が増え、迷惑メールも激増していき、普通メールですら迷惑メールフォルダに振り分けられてしまい、なかなかユーザーの元にメールが年々届きずらくなったのです。

無事届いたとしても他のメールに埋もれてしまったり、ユーザーがLINEなどのコミュニュケーションツールをメインで使っているためメールフォルダをなかなか見なくなってきたのです。(仕事用のメールは別として)

なので年々、メルマガマーケティングが難易度上がってるなぁと感じつつ、LINEが一斉送信できるようになったらいいのにと強く思ってました。

自分自身の商売にも活かせるし、クライアントの売り上げもカチ上げることが楽になるのになと。

そして今週、突如LINE@が一般開放されました。

さよならメルマガ、待ってたよLINE@という心境です。

強力なリストマーケティングのツールが誕生

「なにがそんなに凄いの?テンションが上がるの?」

リストマーケティングを行ったことがない人からすると僕のこの全力で賞賛するテンションについていけないかもしれないので、簡単にリストマーケティングの有効性について解説しておきます。

  • 顧客との距離感が近くなる(ファン化する)
  • 何度でもアプローチできる
  • 売上が計算や予測が立てやすい
  • 事業の安定化に繋がる
  • 集客からセールスまでを自動化できる
  • 365日24時間働いてくれる

メリットを書き出してみましたが、いかがでしょうか?魅力的ではありませんか?

商売で新規集客は基本的にコストが高くなり、特に立ち上げ当初などは集客コストに頭を悩ませがちです。

広告を使って集める事も多いと思いますが、その苦労してせっかく集めた興味を持ってくれた人に再度アプローチする手段を確保しなければ常に必死に集客しなければなりません。

それは非常に辛いことなのでせっかく興味を持ってくれた人にアプローチしていこうというのがリストマーケティングです。

昔はハガキなどのダイレクトメール、そして電子メール、次はLINE@。

この流れはほぼ確実に進行していくでしょう。

もちろんハガキなどのDM、メルマガも残ると思いますが相当数がLINE@に流れると思います。

特に店舗系、フリーランサー系、クリエイター系はほぼLINE@でリストマーケティングを行うことになると思います。

現在のメールより圧倒的に開封率もいいですし、反応も起きやすいのが容易に想像できます。

これまでリストマーケティングを行ってきた情報発信者ならアドレナリンが止まらないですね。

肝心のLINE@の始め方は?

まずLINE@のアプリをダウンロードする必要がありますので、こちらからダウンロードしましょう。

◆LINE@アプリのダウンロードはこちらから◆
・App Store:http://nav.cx/efvJWG1
・Google Play:http://nav.cx/4LaWWCn

そして実際の登録から設定までの手順はLINE公式ブログに画像付きで詳しく載っていますのでそちらが一番参考になるでしょう。

1、【登録編】LINE@アプリはじめてガイド-最低限設定したいこと-

2、【準備編】LINE@アプリはじめてガイド-最低限設定したいこと-

3、【友だち集め編】LINE@アプリはじめてガイド-最低限設定したいこと-

4、【メッセージ配信編】LINE@アプリはじめてガイド-最低限設定したいこと-

 

無料プランと有料プランがありますが、とりあえず本格的に使う予定がなければ無料プランでもいいでしょう。

無料プランだと月に1000通まで送信可能です。(例えば100人の読者がいれば月に10回まで送信できる)

ある程度本格的に運用していこうという人は最初から5400円の有料プランで始めるのがオススメです。

キチンと運用すれば簡単に回収することが可能ですし、工夫すればビックリするぐらい効果が出るでしょう。

どういう風に個人利用できるようになったLINE@を有効活用すると良い?

更新通知のメルマガ的な使い方

基本的によほどの濃いファンでもなければあなたの配信する情報を逐一探しに来てはくれません。

だからこそ、こちらから伝える手段がなにかしら必要なわけですがそれをLINE@を使って行えば日常的に使うコミュニュケーションツールなので反応が高いでしょう。

ただ、LINE@で長文を貼り付けるのはできないのでWordPressなどのブログ型サイトシステムと併用して使うとオススメです。

URLのリンクも貼れるのでサイトの更新情報と一言添えて発信するといいでしょう。

キーワード応答メッセージ機能による擬似ステップメール

登録された瞬間の自動返信や予約投稿はできますが、登録日から開始するようなステップメール的な機能は今の所ありません。(多分ステップメール的な機能は追加されないでしょう)

その代わり、有効活用できそうな機能が”キーワード応答メッセージ”という機能です。

例えば「おはよう」と書かれたら「ね、寝てないよ!!」ってあらかじめ指定しておいたワードを返信する機能です。

まだ試してなくこれから実験する予定ですが、このキーワード応答メッセージ機能を上手く使えば擬似的なステップメールが組めそうな気がしてます。

例えば1通目の最後に二通目を読むには◯◯◯◯って送ってね、といった具合でトリガーになるキーワードを設定してあらかじめ組んでおくみたいな使い方ができるでしょう。

このあたりは実験しながら検証していきますが、経験上ほぼこれでステップメール的な使い方は解決できそうな気がしてます。

ファンとのやりとりを強化

突発的に企画をやったり、アンケートしてみたり、質問コーナー的なのやって回答をシェアしたり、1対1でガッツリ話してみたり、、、

交流の仕方は無限ですね。

基本的に一方通行の情報発信より交流のあるほうがパワーもでますし、
コアなコミュニティができて良いこと沢山なのでユーザー参加型で巻き込んでいくと面白いでしょう。

LINE@の一般開放でWEBマーケティングの流れが変わる?

まず第一に起こることとして想像しやすいのがLINE@を使い爆発的な売り上げを上げる事例が続出することです。

今までリストマーケティングを行ってきた人、行ったことがある人からしたら、ユーザーに確実に届いて、なおかつ開封率もいい状態なら売り上げを倍にするのを狙うことはそれほど難しいことではないことがわかると思います。

リストマーケティングの1例として参考に画像を1枚貼っておきますが、しっかりと段取りを組んだ上で行えば石鹸ですらこれくらいの勢いで売ることが可能です。

スクリーンショット 2014-05-24 20.33.35

リストマーケティングの奥は深いですが、1つ1つ段取りを組んでいけば効果は必ずあります。

現在あなたが商売を行っていて今までメルマガなどのリストマーケティングを行ってこなかったとしても、売り上げUPやリピート率UPに興味がある場合はLINE@でリストマーケティングを初めてみてはいかがでしょうか?

安定した商売を行っていくならリストマーケティングの概念は外せませんよ。

LINE@一般開放は本当に待ってたので書いてたら長くなってしまいましたがそれだけ良いものだと思うので、ぜひ活用してみてくださいね。

元々はシルバーアクセサリーのデザイナーをやっていたが現在はインターネットを商売に活用する方法を考えるのが好きになった変わり者。

プロフィール詳細

更新情報やご相談などはLINEで

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

@gmc01

ボタンで追加できない場合はID検索を行ってください。

-デジタルマーケティング, 毎日がクリエイティブ
-, ,

Copyright© 毎日がクリエイティブ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.